あたのecサイトからは温かみのオーラは放たれているか!?そのオーラとは?

温かみのあるecサイトは販売員が見えて来る

温かみとは、目に見えない内容であるため具体的に現す事が難しい内容ですが、温かみの有無と言うのは何かしら人が感じる事が出来る物ですよ。例えば、お米を販売しているecサイトに置いて、画像と値段と重さをだけを記載されている内容よりは、実際に作っている方の苦労や、意識している内容について記載する方が、同じお米でもお米に温かみを感じる事が出来ますよね。実は、この温かみとはいたって簡単な内容であり、伝えたい思いを多く持ち合わせているかどうかの違いと言えますよ。伝えたい思いを多く持ち合わせていれば、その先には販売員の心の在り方が見えて来る物であり、そこから購入したいと思いも湧いて来る物ですよね。

温かみのあるecサイトは最後まで意識を配る

最後まで意識を配る内容と言うのは、ecサイトを運営している人の中には販売までが最後と思っている方もいますよね。この最後と言うのは、実際に商品を引き渡すまでが最後ですよ。例えば、無地のダンボールで引き渡す場合とオシャレな包装紙に包まれて引き渡される場合では、受け取った方も印象に違いが現れてきますよね。オシャレな包装紙と言うのは、様々な包装紙が市販されていますが、出来ればオリジナルのecサイトのショップ名が入った包装紙が望ましく、包装紙を手元に置いてもらう事によって思い出してもらい再びリピータとして利用してくれる可能性もありますよね。又、他の人にプレゼントする場合、相手が喜んでもらえて安心が出来ると判断をされて利用してくれる可能性もありますよ。包装紙には、ショップ名を広げる力を潜在的に持ち合わせていると言えるでしょう。

温かみのあるecサイトはメールでは無くカタログで

ecサイトの中には、リピータを求めて頻繁にメールを配信するecサイトもありますよね。メールを利用している人の中には、大切なメールが下の方に下がってしまい、メールを整理をしたり削除をしたりするのに手間がかかると判断をされる可能性もあります。迷惑メールとして指定をされると他の人に送信するメールにも影響を与えますよ。メールサービスを提供する業者のシステムが自動的に迷惑メールと判断を行なって迷惑メールフォルダに移動させてしまう可能性があるためです。購入をされる際に、カタログ配送の有無を尋ねてから配送を行うシステムを導入すれば、ユーザーに対して迷惑をかける事がありませんよね。カタログを求め易くするために、カタログからの購入を優先的に購入できる様なサービスを設ける方法も一つの方法であり、この場合は、カタログからの専用ページを設ける方法もありますよ。

ecサイト構築のコストに関しては、業者などを依頼して作業を行うと、見栄えの良いホームページを作る事が出来ます。