ネットショップを本格的に始めるためにサーバーをレンタルしよう

まず最初にサーバーをレンタル

ネットショップは無料でテンプレートを提供してくれるサービスもありますが、本格的にビジネスとして始めるのであればサーバーをレンタルした方がメリットの面でも勝っています。唯一のデメリットは有料という点ですが、年間通しても1万円から1万5千円程度なのでコストの面でもそれほど負担にはなりません。複数のネットショップを運営したい場合は、これより若干高めのプランになりますが、100程度のネットショップであれば月額千円のプランで十分です。

サーバーをレンタルした後はドメインの取得

サーバーを土地に例えるならドメインは住所と言われています。つまり、住所があれば集客が有利という事になります。従ってサーバーをレンタルした後はドメインを取得しましょう。ドメインには集客を有利にするだけでなく保険の意味も含まれています。万が一、サーバーに不具合が生じてもドメインがあれば運営しているネットショップは復活させる事ができます。また、ドメインは年数を重ねるごとに価値が上がるので、一つの財産にもなります。ちなみに高い中古ドメインは数十万円もします。

テンプレートを使って自分好みのネットショップを作る

サーバーをレンタルすれば、無料のテンプレートの中から好きなものを選べますが、オススメなのは有料のテンプレートを購入する事です。価格は1万円から1万5千円の間が相場です。無料のものより見栄えが良く、デザインや見出しにも凝っています。自身でCSSやPHPをカスタマイズできるのであれば、無料のテンプレートで十分ですが、知識が無いのであれば素直に買った方が満足のいく、自分好みのネットショップになります。一度購入すれば何度も使えるので、いずれ来るネットショップの増産期に備えましょう。

レンタルサーバーとは、ホームページやメールアドレスを作成するためにサーバーをレンタルして利用するサービスのことを言います。