トロフィーだけでなくて、メダルでもいいの?

スポーツ選手の勲章と言えば…

スポーツ選手は競技でトップを取ると、メダルの授与が行われますよね。これをずっと目標にしていた選手もいますが、オリンピックの場合はトロフィーの授与は見た事ないですよね。全てメダルの授与のみでしょう。色違いのメダルですが、これだけ見ても価値のあるものでしょう。世界選手権でも基本メダルによる贈呈がほとんどですが、中にはトロフィーによる贈呈を行っています。トロフィーを製造する会社は年々力の入れようが違います。品質にこだわっています。

トロフィーとメダルの重さ

トロフィーの方が大きく、重さも違いますよね。これを落としてしまっても、割れるものと割れない物があります。品質の差がありますから、これだけ重要な物を作っているという事実を受け止めましょう。メダルこそ小さいですが、重さは金、銀、銅とそれぞれ違います。優勝すれば金メダルを授与されますから、重みは全く違います。そこを目指して頑張った選手には感慨ふけるでしょう。スポーツはあくまでも結果ですから、メダルを目指して頑張った日々に感謝ですよね。

製造会社にとっては死活問題?

メダルとトロフィーを製造する会社にとっては、品質管理は重要な役割ですよね。作るだけでなく、確認も必要です。そこで瑕疵があると、全てが台無しになるリスクがあります。失敗が無いように、製造過程から確認作業が必要です。メダルは重いという評判ですが、それでも一生の価値がありますから、製造側にとってはリスクも伴う作業になるでしょう。競技者だけでなく、当事者全員がこれに命を掛けているといっても過言ではないですよね。授与されたら、仏壇などに収めていますよね。

トロフィーは何かの大会やコンクールで1位になると貰えます。多くの出場者の中から1位を勝ち取るのはたったのひとりなので誇りを持つことができます。