ビットコインが今後期待できるかどうかは!

国の政策次第でもあります

ビットコインが一時期ほど話題に挙がらなくなったのですが、これはやはりバブルに近いことがあったからです。とにかく、ビットコインの価値が高くなっていたのは間違いないです。それも異常なほど高くなっていたわけですが、今ではそれでも投機の対象になっていますが、価値はあります。そもそも実用性があるからこそ、注目された、という経緯があります。それに国が課税の対象にするべき、金融庁の管轄にするべき、という世界的な風潮もあります。

欲しがる人が増えること

これは現実の貨幣にもいえることではありますが、欲しがる人が増えれば価値は高くなります。ビットコインは理屈上では偽造は不可能です。また、供給量が一気に増えるわけでもなく、ある意味では貨幣としては安定しています。問題は実体がないことと、決済方法として使えるところがまだまだ少ない、という点になります。それが解決できれば、通貨として使うかどうかは別にしても、決済の為に買う人も増えるので、普及する可能性があります。

投機的な側面も未だに強い

僅か十数ドルで買っていたビットコインの存在を忘れていて、後になって確認したら、何千倍の価値になっていた、と言うニュースが出て、一般人にはよく広まったと言えます。しかし、これは逆に投機的な側面があることも浮き彫りにしてしまったので、とてもリスクが高いのでは、と言う認識を与えてしまったわけです。実際、極端にレバレッジをかけて買える物でもないので、投機性がないとはいいませんが、あくまで電子マネーに近い性質があり、貨幣のようなものです。

ビットコインは暗号化されているので安全に使用することが可能で、P2Pと呼ばれるネットワーク上で流通しています。