動画配信にかかる設備と、配信サービスの費用について

動画配信を始めるためには設備が必要

何かの宣伝や趣味で動画配信をこれから始めようという方は、その時に配信するための設備を手に入れる必要があります。必要な設備としては、まず映像を撮影するためのビデオカメラが必要になります。ビデオカメラは綺麗な映像を撮影できる商品ほど高額になっており、プロ並みの動画を撮影したい場合は、数十万円以上ものお金がかかります。ただ、品質をそれほど求めない場合は、最近のスマートフォンを使っても大丈夫です。また、機器をレンタルする方法もあります。

カメラの他に必要なもの

また、動画配信をするときにより綺麗な映像を配信したいという時には、動画のキャプチャボードなどもあると良いです。パソコンのマシンパワーだけで全ての処理をするのではなく、映像のキャプチャから圧縮までをキャプチャボードで行うと、ラグなども少なくなり綺麗な映像を配信できるようになります。その他にはパソコンだったり、音声を拾うマイクなども動画配信では欠かせないものです。どのような品質の映像を配信するかによってその費用は数十万円から数十万円と大きく変動します。

配信サイトを利用すれば無料で配信可能

動画を撮影したら、今度はそれを配信することになりますが、その時には無料で使える配信サイトを使うと良いでしょう。無料の動画配信サイトでは、名前やメールアドレスなどを使って会員登録をすれば、誰でも気軽に動画配信が可能となります。特にホームビデオや、知り合いなどに配信する映像などであれば、その配信サイトで十分まかなうことができます。無料でもエンコードの工夫したり、設定を工夫することで非常に綺麗な映像を配信できるのが特徴です。

動画や音声を聞くときに、ファイルをダウンロードしながら同時に再生する方式のことをストリーミングと言います。これにより、動画や音声の再生にかかる時間を短縮できます。