気をつけよう!ネットで誹謗中傷を受けないようにするための注意

無闇に個人情報を明かさないように!

ネットでの誹謗中傷の問題が増えてきています。SNSを利用している人にとってはこの誹謗中傷を受ける可能性が0ではないので、無視してはいけない問題です。SNSといっても自分情報を全て公開しないもののありますので、無闇に特定されるほどの情報を明かさないように自分を守るようにしましょう。ネットとはいえ、現在では誰もが利用するもの。甘く考えずに自分が被害にさらされないように注意していくことがこれから特に求められてくるでしょう。

悪いことをするのは論外!!

誹謗中傷といっても、そもそも自分がいけないことをして原因を作るのは言語道断です。例をあげるとSNSを使って犯罪行為やマナー違反をしたことを自慢するかのように投稿する行為でしょう。もともと、ルールを守らない行動をとってしまっている上にそれを面白がっているのですから、反感を買うのは致し方ないことですよね。まず犯罪行為は絶対にしてはいけないことですし、マナーも守らなければいけません。投稿以前に、人としての行いを考慮しましょう。

酷いときは弁護士に相談!

前述のような行動を投稿したみたいなことではなく、本当に身に覚えの無い誹謗中傷を受けているのなら、名誉毀損罪に該当します。誹謗中傷を言わせておけばいいと放置していると間違った情報を広げられたり、行動がエスカレートしていく可能性があるのがネットの怖さといえるでしょう。このようになる前にしっかりと弁護士に相談することをすすめます。ネットの世界でのやりとりは現在当然ものになっているので、それに応じた行動が求められているのです。

逆SEOとは、サイトの検索順位を下げることです。誹謗中傷をしているサイトを検索で上位に出させないようにすることで、誹謗中傷・風評被害の対策になります。